コンピューター全般

清心館のノートPCで電源を入れてもログイン画面が表示されない場合は、電源ボタンを長押しして電源を落としてから再度電源を入れてください。
他のデスクトップPCで起動しない場合はディスプレイの電源が入っているか確認してください。

対処法としては強制終了するしか方法がありません。作業中にはこまめに保存・上書き保存を行って下さい。作業状態(ファイル)を保存していなかった場合は、作業結果は消えます。ただしアプリケーションによっては、強制終了後、同じアプリケーションを起動した際に、自動的に修復される場合もあります(Word・Excelなど)。

●操作できなくなったアプリケーションだけを強制終了します。  
1.タスク バーを右クリックして、[タスク マネージャーの起動]をクリックします。
※タスク マネージャーは [Ctrl]+[Shift]+[Esc] を押して起動することもできます。

2.[タスク マネージャ] ウィンドウに表示されたアプリケーションの一覧の中から、動かなくなったアプリケーションをクリックして選び、[タスクの終了] ボタンをクリックします。

3.終了しようとしたアプリケーションからメッセージウィンドウが表示されたら、指示に従います。
4.終了できたら、再び同じアプリケーションを起動し、操作途中であったファイルを開きます。
5.Word・Excelなどでは、コンピュータが強制終了前の作業状態へ修復される場合もあります。
6.自動修復された場合は、すぐに [名前を付けて保存] をします。

●強制的にコンピューターをシャットダウンします。
1.キーボード上の[Ctrl]キーと [Alt]キーを両方押しながら[Delete]キーを1回押します。
2.Windowsのメニュー画面右下の赤い電源ボタンをクリックして、シャットダウンします。
※清心館のノートPCで再起動はできません。

●コンピューターの電源を強制的に切ります(最終手段)。
コンピューター本体の電源を2~3秒押し続けると、電源が切れます。

 

パスワード

再発行が必要です。
パスワードは個人で変更できるものなので、情報メディアセンターでも分かりません。
再発行をしますので学生証持参の上、情報メディアセンターカウンターに手続きに来てください。
利用するシステムごとの再発行になりますので何のパスワードが必要なのかも申し出てください。
再発行はすぐに行いますが、証明書発行用のパスワードは翌日以降に使用可能となります。
なお、再発行回数が3回を超えた場合、コンピュータの利用ができなくなる場合がありますので注意してください。
また、電話によるパスワードの照会はできません。
「ユーザーIDとパスワード」ページも参照してください。

●[ユーザー名]か[パスワード]のどちらかが間違っています。
配布された「ネットワーク利用承認書」で以下の項目を確認してください。
「コンピュータ利用アカウント」⇒ユーザー名
「コンピュータ利用アカウント パスワード」⇒パスワード

●[ログオン先]が[KT-ORANGE]になっていますか?
[ユーザー名]と[パスワード]が正しくても[ログオン先]が間違っているとエラーとなります。[ログオン先]は[KT-ORANGE]を選択してください。

●ユーザー名の前後にスペースが入っていませんか?
ユーザー名の欄にスペースが入っていることがあります。ユーザー名欄を全てクリアして、もう一度正しく入力してみてください。

●大文字と小文字の区別をしていますか?
ユーザー名やパスワードには大文字/小文字の区別があります。

●Caps Lockキーがオンになっていませんか?
キーボード上の[Caps Lock]ランプを確認してください。




もし点灯していたら[Caps Lock]キーがONになっているのでOFFにしましょう。
OFFにするには、キーボード上の[Shift]キーを押したまま[Caps Lock]キーを1回押します。

ポータルサイト(ユニパ)のログインID/パスワードは、大学のコンピューターにログインする時のID/パスワードです。

IDやパスワードを入力履歴から選択するとログインできない場合があります。
半角英数字で一文字ずつ、新たに入力してみてください。

iPhone
1. 「設定」→「パスワード」をタップし、表示された方法で認証します。
2. パスワードを確認したいWeb サイトを選択すると表示されます。

Android(Chrome)
1. Chrome を開きます。
2. アドレスバーの右側にある[・・・]をタップします。
3. [設定] → [パスワード] をタップします。
4. パスワードを確認したいWeb サイトを選択します。
5. パスワード横の目のアイコンをタップし、スマートフォンの認証をすると表示されます。

無線LAN(Wi-Fi)

大学内では「Citrus」が使用できます。接続先から「Citrus」を選択し、大学のPCにログインするときのアカウントとパスワードを入力して接続してください。
※「Citrus-Univ」は使用できません。

無線LAN(Wi-Fi)についての詳しい内容はこちら

学内のPCにログインするときのアカウント(学生は学籍番号)とパスワードです。

場所によってはアクセスポイントが設置されていないところもあります。
また、電波は届いているのに接続できない場合は、Citrusの情報を一旦削除して再度接続してみてください。

AndroidでCitrusに接続するときは下記のように設定してください。

EAP方式・・・PEAP
フェーズ2認証・・・なし、またはMGCHAPV2
ドメイン・・・tachibana-u.ac.jp
CA証明書・・・使用しない(検証しない)
ID・・・学籍番号
パスワード・・・学内PCにログインする時のパスワード

所属機関がeduroamに参加されている場合は、京都橘大学のeduroamを使用できます。詳しくはこちらのページを参照してください。

VPN接続

VPN接続できていませんので下記の項目について確認してください。

・VPN接続ソフトは「接続済み」になっていますか?
接続済みになっていない場合は接続ソフトの設定を見直してください。
「リモートGW」、「ユーザ名」、「パスワード」が正しく半角英数字で入力されているか確認してください。一文字でも違っていると接続できません
「ユーザ名」「パスワード」は学内PCにログインするときのアカウントとパスワードです。
正しく入力しているのに接続できない場合は、現在インストールされているVPN接続ソフトをアンインストールし、マニュアルに記載のURLから最新のソフトをダウンロードしてご確認ください。

・設定したブラウザを使用していますか?
VPN接続の設定をしたブラウザ以外からは接続できません。ご自身で設定したInternet ExplorerまたはFirefoxを使用してください。

・ブラウザは正しく設定されていますか?
自動構成スクリプトのアドレス欄(Firefoxの場合は自動プロキシー設定スクリプトURL)が正しく半角英数字で入力されているか確認してください。一文字でも違っていると接続できません

上記の項目を確認しても接続できない場合は、セキュリティソフトを一時停止して接続してみてください。
また、ご自宅のインターネット回線によってはVPN接続ができない場合もあります。そのような場合はモバイル回線で接続する自宅以外の場所で使用する、など環境を変えてお試しください。

スマートフォンからはVPN接続できません。PCをご使用ください。
マニュアルに記載のURLにアクセスしてダウンロードしてください。

「リモートGW」、「ユーザ名」、「パスワード」が正しく半角英数字で入力されているか確認してください。一文字でも違っていると接続できません
「ユーザ名」「パスワード」は学内PCにログインするときのアカウントとパスワードです。
正しく入力しているのに接続できない場合は、現在インストールされているVPN接続ソフトをアンインストールし、マニュアルに記載のURLから最新のソフトをダウンロードしてご確認ください。

学外のネットワークからマニュアルをダウンロードする場合は認証画面が表示されますので、学内のPCにログインするときに使用するアカウントとパスワードを入力してください。

インストールしたバージョンによっては表記が英語になることもあります。
入力する項目や場所は変わりませんので、マニュアル通り設定すれば使用できます。

VPN接続は学外から学内ネットワークに接続するプログラムですので、学内Wi-Fi(Citrus)に接続されたPCではVPN接続は不要です。
また、PCやブラウザにVPN接続の設定がされたままデータベースなどにアクセスしてもエラーになります。学内では必ずプロキシやブラウザの設定を変更してください。

Microsoft 365

Microsoft 365にサインインするときのアカウントはメールアドレスです。半角英数字で正しく入力されているか確認してください。

メールアドレス:学籍番号@st.tachibana-u.ac.jp
パスワード:大学のコンピューター利用パスワード

一つのブラウザで複数のマイクロソフトアカウントにサインインすると発生するようです。
例えば、以下のようにブラウザごとにアクセスするアカウントを変えるとアカウントが競合することなく利用できます。

ブラウザ1(Edge)→ 個人のアカウントでサインイン
ブラウザ2(Chrome)→ 大学のアカウントでサインイン

同一のブラウザですでにログインしてしまった場合、一旦アカウント選択画面でアカウントを破棄するか、ブラウザのキャッシュを削除してください。

Teams

チームは授業ごとに作成していますが、担当教員が[有効]にしないと学生側に表示されません。チームを使うかどうかは教員の判断になりますので直接教員にお問い合わせください。

マニュアル「Teams利用ガイド①はじめにお読みください」を参照していただき、Teamsアプリをインストールしてください。そのあとメールの「Microsoft Teams 会議に参加」をクリックして「今すぐ起動する」をクリックするとアプリが起動します。
※Microsoft Edge(Chromiumベース)、Google Chrome(最新バージョン)の場合はWeb上でも使用できます。

ユーザーの追加で検索候補が出てこない場合は大学のメールアドレスをすべて入力してください。(学生は回生に関係なく「学生番号@st.tachibana-u.ac.jp」)
「該当する結果が見つかりません。つづりを確認するか、別の名前をお試しください。」と表示されますが、検索欄の外をクリックすると氏名に変換されます。

チャットのグループに初めて登録されたときに、1時間経過してもTeamsの通知が確認されないときに送信されるメールですが、Active!mailでは開くことができません。メッセージはTeamsのチャットで直接確認してください。

チャットを登録した場合、Teamsで通知をオンにしているとTeamsでサインインしている端末に通知が表示されます。その通知が確認されず1時間経過した場合はメールが送信されます。(送信者名は「Teamsの○○(作成者の氏名)」)

会議を登録した場合は、メンバーに即時メールが送信されます。(送信者名は「作成者の氏名」)Teamsでの通知は設定により異なります。

会議で画面を共有するには、会議のコントロールにある [共有]ボタン から共有したいものを選択します。

詳しくはMicrosoftのページを参照してください。

Teams の会議でコンテンツを共有 別ウィンドウで開きます

会議中に自分の画面を共有する 別ウィンドウで開きます

Microsoft Edge(Chromiumベース)、Google Chromeの最新バージョンとその前の 2 バージョンでは完全にサポートされます。

なお、iPad・iPhone・Androidなどのモバイル端末ではTeamsアプリを使用してください。

動画のアクセス許可が設定されていません。アップロードした人にアクセス許可の設定をするよう連絡してください。

Streamのアクセス許可については下記ページを参照してください。

Microsoft Stream のアクセス許可とプライバシー別ウィンドウで開きます

チームの会議に招待された外部ユーザーは、チャットを使用することができません。
主催者が予定表から個々に招待した会議では、外部ユーザーもチャットを使用できます。

プリンター

プリンターの電源が入っているか確認してください。 また、コンピューターで選択したプリンターNo.と印刷するプリンターNo.が合っているか確認してください。 プリンターでエラーを検知した場合は警告音が鳴ります。パネルの指示に従って操作してください。

「プリンターの利用について」ページの「命令の取り消し」を参照してください。

「プリンターの利用について」ページの「プリンターの変更」を参照してください。

トナーを交換しますので、情報メディアセンターカウンターへ連絡してください。

情報メディアセンターカウンターへ連絡してください。
プリンターに残っている印刷データをこちらで削除します。

Active!mail

ユーザーIDは、「京都橘大学学術情報ネットワーク(ORANGE)利用承認書」に記載されている「コンピューター利用アカウント」を正しく入力しましょう。 パスワードは、「コンピュータ利用アカウント パスワード」を入力しましょう。 大文字/小文字も区別する必要があります。 キーボードの[Caps Lock]キーがオンになっている場合はオフにしましょう。
メール送信エラー通知です。 下記のようなメールが届いた場合は、メールの送信エラーが起きています。件名をクリックすると、エラーの詳細内容を見ることができます(英文です)。ほとんどの場合、宛先アドレスの入力ミスです。正しいアドレスを確認してもう一度メール送信してください。 [件名]Returned mail:see transcript for details [送信者]Mail Delivery Subsystem
指定受信の設定をしましょう。 携帯電話やスマートフォンの迷惑メール対策の設定によってはActive!mailから転送されたメールが届かない場合があります。そのようなときはドメイン(@tachibana-u.ac.jp)やメールアドレスを指定してメールを受信できるように設定しましょう。設定方法は使用している携帯電話会社のWebサイト等で確認してください。

こちらを参照してください。

PCでActive!mailにログインします。(スマートフォンからは設定できません)

1.トップページの[ツール] から[転送] をクリックします。

2.[新規作成] ボタンをクリックします。

3.[設定名]、[有効/無効]、[条件設定]、[転送設定] を入力します。

4.[OK]をクリックして設定を完了します。正しく設定されているかどうか、Active!mailから自分のメールアドレス宛に、テストメールを送ってみましょう。設定に問題がなければ、携帯電話へも同じメールが届くはずです。転送先メールアドレスが正しく入力されていて、携帯電話に届かない場合は、携帯電話の「迷惑メール設定」を確認してください。

5.転送先のメールアドレスを変更する場合は[ツール] →[転送]画面で表示されたリストの上でクリックします。

6.メールアドレスを変更して [OK]をクリックします。

写真・画像

Office(Word・Excel・PowerPointなど)

こちらを参照してください。

こちらを参照してください。

こちらを参照してください。

Wordの文字数や行数、余白などの設定についてはこちらを参照してください。

割注・上付き文字、下付き文字・ルビ・縦中横の使用方法については

こちらを参照してください。

こちらを参照してください。

Wordに挿入した画像を思うように動かすには[文字列の折り返し]を[行内]以外に変更する必要があります。[文字列の折り返し]についてはこちらを参照してください。

こちらを参照してください。

文字入力

こちらを参照してください。

カナ入力になっていませんか?
本学のコンピューターは通常 「ローマ字入力モード」 ですが、何かキーに触れてしまったために 「かな入力モード」 に変わってしまうことがあります。
そのようなときはキーボードの[Alt]キーと[カタカナひらがな]キーを同時に押して入力を切り替えましょう。


[Num Lock]キーをオンにしましょう。
キーボード上部分の[Num Lock]というキーを1回押してONにしてください。

上書きモードになっていませんか?
通常は「挿入モード」になっていますが、[Insert]キーに触れてしまったため「上書きモード」に変わってしまうことがあります。キーボード上のほうに[Insert]キーを1回押してみてください。

キーボードの 「 Shift 」 キーを押しながら、 「へ 」 のキー( 「 ¥ 」 のすぐ左)を押してください。

 

USBメモリ

こちらを参照してください。
タスクトレイに「ハードウェアの安全な取り外し」ボタンがない場合は、パソコンをシャットダウンしてからUSBメモリを抜いてください。

別のUSB差込口や端末で使用できるか確認してください。
別の差込口や端末で使用できる場合はパソコンの不具合が考えられますので、メディアセンターカウンターまで知らせてください。
他の端末でも使用できない場合はUSBメモリが故障している可能性があります。
USBメモリは衝撃や磁気、静電気、水気などに弱く、壊れやすいものです。大切なデータは必ずバックアップをとるようにしましょう。

●ウイルス対策ソフトが起動している
USBメモリにウイルスが感染していたり、ウイルスに似た動きをするプログラムが入っているとウイルス対策ソフトが起動し、ファイルを開くことが出来なくなることがあります。
ウイルス対策ソフトが起動した場合はすぐにメディアセンターカウンターまで知らせてください。

●ファイルが壊れている
USBメモリ自身には問題がなくても、その中のファイル1つ1つが壊れている場合に起こります。
破損の主な原因
・USBメモリへの保存が完全に終了していないうちにUSBメモリを取り出した
・USBメモリからファイルを開いていた状態にも関わらず、USBメモリを取り出した

CD-R/RW、DVD-R/RW

清心館のノートPCには光学ディスクドライブが内蔵されていませんので、外付けドライブを貸出しています。
学生証を持参の上、情報メディアセンターのカウンターまでお越しください。

●DVDの読み取り面の状態、およびセット方法を確認します。
DVDのレーベル面が上、もしくは左になるように、DVDドライブに正しくセットしているかどうかを確認します。

●DVDソフトのリージョンコードを確認します。
DVDには、リージョンコード(地域コード)が設定されています。リージョンコードが異なるアメリカや東南アジアで販売されているDVDソフトは再生できないことがあります。

●対応する形式と書き込み手順を確認します。
 市販されているDVDではなく、作成したDVDが再生できないときは、再生ソフトが対応する形式で保存されていなかったり、書き込みが正常に終了していなかったりする可能性があります。
例えば、DVDレコーダーで録画したあとにファイナライズと呼ばれるDVD-Video互換の状態にする処理をしていないと、DVD-R上の番組は録画したDVDレコーダーでしか再生できません。
また、録画した番組がデジタル放送の場合、再生側がこれに対応したCPRM対応のDVDドライブと再生ソフトでないと再生できません。

●ドライブの状態を確認する
複数のDVDが再生できない(読み取れない)ときは、ドライブに問題が起きている可能性があります。

●ディスクの対応状況を確認します。
使用するディスクが、パソコンに搭載されているドライブで、書き込みができるかどうかを確認します。

●ディスクの空き容量を確認します。
すでにデータなどが書き込まれているディスクには、ディスクの空き容量より大きいデータを追加して書き込むことはできません。

●ディスクへ書き込む方法を確認します。
ディスクへ書き込む方法は、使用するアプリケーションや保存する内容によって変わります。
また、データを保存する場合、空のディスクにデータを書き込む方法と、すでにデータが書き込まれているディスクにデータを追記する方法で手順が異なります。